自宅脱毛とエステ脱毛で決定的に違うこと

自宅脱毛とエステ脱毛で決定的に違うこと

自宅脱毛とエステ脱毛で決定的に違うことは、やはり効果です

このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅脱毛とエステ脱毛で決定的に違うことは、やはり効果です。

エステ脱毛で近年主流となっているものは、メラニン色素に反応して熱を発する特殊な光を使ったものです。
メラニン色素によって、色のついているムダ毛にのみダメージを与え、肌にはダメージを与えないという仕組みになっています。同じように光を使った脱毛は、市販の家庭用脱毛器を使えばできるようになっています。

しかし、これにはポイントがあるのです。
エステ脱毛では、専門のスタッフが機器を扱いますが、家庭用脱毛器の場合それを扱うのは、特に勉強も行っていない一般人です。
そのため、そういった一般の人が使っても問題ないように、家庭用脱毛器の光の出力レベルは、エステ脱毛のそれよりも抑えた設定となっているのです。

出力が小さいということは、それだけ1回の効果は少なくなります。同じ効果を得るには、より多くの脱毛回数が必要になるというわけです。
自宅脱毛では、誰かに肌を見せることなく自分の行いたい時に脱毛できるというメリットもあるので、どちらが良い悪いというわけではありませんが、このような違いはあります。

Copyright (C)2017自宅脱毛とエステ脱毛で決定的に違うこと.All rights reserved.