自宅脱毛とエステ脱毛で決定的に違うこと

自宅脱毛とエステ脱毛で決定的に違うこと

同じ脱毛といっても

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ脱毛といっても、自宅でやるのとエステでやるのとは大きく違います。やはり脱毛の精度の問題もあるのですが、一番の差異は肌に与える影響です。

自宅脱毛は、何かしらの器具を使うにしろ薬剤を使うにしろ、それが肌へのダメージにつながってしまいます。自分の手で無理に脱毛して皮膚が赤くなってしまった、という経験をお持ちの方は多いでしょう。
しかし、それが慢性化すると局部的な肌荒れを起こしてしまいます。そして、それを治すためにエステに通うというのでは、何のために自宅で脱毛したのか分からなくなってしまいます。
それならば、最初からエステを利用した方がいいという考え方もあります。エステティシャンはいわば表皮のプロですから、脱毛作業一つするにも必ず皮膚の状態に細心の注意を払いながら行います。そしてこれは、やはり勉強を重ねたプロにしかできないことです。
顧客一人一人の肌の状態は違うのですから、それに合わせた処置をする必要があるのです。

こうしたことから、やはり美容には多少のお金をかけた方がいいのかもしれません。

Copyright (C)2017自宅脱毛とエステ脱毛で決定的に違うこと.All rights reserved.